屋内型トランクルームに保管すると良いものは?

屋内型トランクルームの特徴

屋外型トランクルームが野外に野ざらしになっているのに対し、屋内型トランクルームはビルなどのワンフロアーをまるごとトランクルームとして貸し出しています。屋内型トランクルームの特徴は一年中空調が整っていることで、メリットとして温度や湿度の変化が少ないということがあげられます。屋内型トランクルームには、使用しない季節ものの衣類や布団などを収納する人が多くいます。空調が完備されていることで、ダニや衣類に穴をあける害虫などの繁殖を防ぐことが可能となります。また雨や風にさらされている屋外型トランクルームとは異なり、ほこりなどの侵入を心配することもありません。シーズンオフになった衣類等の収納スペースが少ない、クローゼットの中に湿気がこもりやすいといった悩みを抱えている人は、屋内型トランクルームを検討してみてもいいでしょう。

セキュリティが高いため大切なものの収納に向いている

屋内型トランクルームの特徴には、セキュリティが高いという点もあります。24時間出し入れは可能で不特定多数の人が出入りするため、防犯カメラが完備されているところがほとんどです。防犯性をより高めたいということであれば、入り口は電子キーで管理、さらに部屋錠もついているといった2重ロックとなっているところを選ぶと安心です。ビルを1棟まるごと屋内型トランクルームとしているタイプだと、契約しているフロアのみしかエレベーターが止まらない設定となっているところもあります。

このようにセキュリティが高い屋内型トランクルームは、価値の高い趣味の品や電化製品を保管するのに向いています。また、会社で保管しきれない重要な書類等を安全に保管したいという人も利用しています。

レンタルコンテナは、リフォーム期間中に家財道具を一時保管する場所として、海上輸送用コンテナを倉庫に見立てて使用されます。屋外にあるため、暑さや湿気などの気候の影響を受けるので注意が必要です。

© Copyright Indoor Type Trunk Room. All Rights Reserved.