自宅などに荷物がたくさんあるとき、収納では収めきれずに居住空間を使わないといけません。トランクルームを利用すれば、荷物専用の空間が利用でき居住空間を広げられます。屋内タイプのトランクルームも増えて来ています。

トランクルーム利用前に確認すること

トランクルームは即日の利用は可能?

引越しなど荷物の移動が必要になるときはそれなりに予定を立てて行います。しかしうっかりがあり、今すぐ賃貸物件から退去しないといけないときもあります。何とか引越し業者の手配をして荷物は運びだしたが、そ…

Read More

トランクルーム利用時に下見は必要?

トランクルームを下見することなく契約する人がいらっしゃいますが、この利用の仕方はおすすめできません。トランクルームを利用するのなら、契約する前にまずは下見をしてからがベストです。トランクルームの大…

Read More

トランクルーム利用時に必要な費用は?

トランクルームはオフィスや自宅などで置けない荷物を保管でき、最適な場所を探すと有効活用できます。かかる費用はただ単に月額使用料だけでなく前払いの料金や保証金などがあり、初期費用が高くなると準備でき…

Read More

トランクルームはなぜ需要があるか

トランクルームには、家で保管するには場所を取る物やしばらく使わない物や着ない物を保管しておけるので需要があります。

屋内型トランクルームの内容と設備

屋内型トランクルームのセキュリティ体制は?

契約階しか利用できないトランクルーム

屋外型のトランクルームは、駐車場のような敷地にコンテナタイプの収納スペースが並べられています。もちろん鍵はかかっているものの、ほぼ誰でも自由にそれらの近くまで行けます。鍵が壊されたら荷物を取られてしまうかもしれません。屋内型のトランクルームは建物の中にあり、複数階に収納スペースが設けられています。あるトランクルームでは、契約をするとカードタイプのキーを渡されます。エレベーターに乗るときにそのキーをかざすと自動的に契約した収納スペースがある階に向かいます。他の階には行けない仕組みになっています。いろいろな人が入れる状態だとセキュリティ面で心配になりますが、その階に行ける人が限定されている仕組みなら安心でしょう。

管理人が常駐しているトランクルーム

人が住む賃貸マンションにおいては、どんどんセキュリティ性能が高まっています。大きな物件だと管理人が常駐しているところもあり、何かトラブルがあっても安心して利用できます。屋内型のトランクルームでもセキュリティー設備が整っているところでは、防犯カメラや警備会社との契約は当たり前のように用意されています。そして管理人が常駐しているところもあります。1階の入り口で管理人がいるところを通らないと中に入れないようになっているので、その建物の関係者以外は立ち入りができません。防犯カメラなど機械のみによるセキュリティでも安心できますが、人が常駐しているところの方がトラブル発生時にすぐに対応してもらえる分利用しやすいでしょう。

© Copyright Indoor Type Trunk Room. All Rights Reserved.